自分で仕事を始める場合にその仕事の将来性も大切ですが、お金の集め方も大切だと思います。事業資金の借入ということですね。大体はそれぞれの見通しを立てて、個人で副業などをやりながらその見込みが立てば、法人成りして法人として事業を進めていくということになりますが、そうではなくて希望的な観測で無理にお金を集めてはじめるという人もいます。そうなると証明する実績もありませんから、銀行などでは借りられずに高金利の資金に手を出して始めるようになります。本人は自信があるのでしょうが、それで成功する人は私の見てきた限りではあまりいないように思います。やはり無理をしてはじめると精神的なストレスもあり、焦りも出てきますのであまりよくないようですね。

まずは、その事業を個人として初めて見て、それがどのくらいの規模になるかを考えてから法人化するのが良いと思います。私の知り合いでもみんなそのような感じのプロセスで法人化しています。そうすると事業資金の借入もうまくいきやすいですね。当然それまでに同じ銀行に利益を入金していますから、そこで法人化して事業資金の借入を依頼しても受け入れられ易いでしょう。信用ができているということですね。そして同じ銀行の取引先で知り合いなどがいれば推薦してもらうのも効果があるようです。
私の場合もそういうことがありました。仕事をしていれば自然に人脈もできるのでそのようなこともできるようになります。