転職活動をするにあたって、まずしなければいけないことは、情報収集です。自分の希望する職種の求人を探します。募集要項を確認して求められているスキルを自分がもっており、いかすことができればアピールになります。希望する企業が見つかったら、履歴書と職務経歴書の提出をします。履歴書については、新卒の就職活動やアルバイト等でも書くことがあり、働く経験をしている人であれば多くの人が作成したことがあります。履歴書は身分証明のようなものであり、学歴や資格などの確認になります。職務経歴書については、どのような実務経験をしてきたか、どのようなスキルや知識をもっているか確認できるものであり、転職においては、もっとも重要な書類となります。

職務経歴書を初めて作成する人にとっては、どのようにかいたら良いか迷います。職務経歴書には書式や書き方に決まりがないので、自分のセンスによってわかりやすく明記しなくてはいけません。履歴書には書き表せない詳しい実務の履歴等を書きます。今までに経験した実務やそれによって得られたスキルや知識、今後どのように生かしたいか、など自分のアピールをしっかり表現することが大事です。企業が求めているスキルをアピールすることが大切なので、企業が何を求めているかしっかり情報収集しておくと良いです。実務の経験だけでは有効なアピールにならないので、どのような姿勢で取り組んできたか、どのようなプロセスで困難を乗り切ったか、どんな成果をあげてきたかなどを明記すると高い評価につながります。